結婚相手を見つけたい人へ【結婚相談所でのお見合い婚の良さ】|The Best Wedding

どうしたら結婚に結び付くか

結婚を考えている人で付き合っている人がいても結婚に中々結びつかない、相手が見つからないという悩みを抱えている人は多いもの。そこで結婚に対しての悩みを抱えている人に多い質問を集めてみました。

婚活をしている人に多い質問

中々結婚に繋がる人に出会えません…

結婚という意識を持つ人と出会いたいという人は、婚活パーティーやお見合いパーティーに行くのがおすすめです。すぐにでも結婚をしたいという人は結婚相談所を利用すると効率良く相手を探す事ができます。

結婚に前向きな人の見極め方を知りたいです

気になる人とのデートの回数が3回の間に結婚を考えても良い人か見極めましょう。一緒にいて不快感はないか、結婚に対しての質問にも真剣に答えてくれて自分と価値観が合っている人であれば結婚相手にとても良いです。3回の間に少しでも許容できない所があれば見切りをつけて他の人を探すのがおすすめです。

結婚前提にお付き合いしていても振られる事が多いです。どうしたら良いのでしょうか?

相手にこの人となら結婚しても良いと思ってもらえる事が大切です。一緒にいても相手が安心できるような人である必要があります。

昔と今の事情

女性

今のお見合いは、昔のように近所のおばさんが仕切り、特別な問題がない限り、否応なしに即結婚、というものではなくなっています。会う前に相手のプロフィールを確認して、お互いに会いたいと思った場合にのみ会い、デートを重ねます。出会いを除けば、普通の恋愛と何も変わらない、というのが現在の進行形です。違うことは、お互いに「いい人がいたら、すぐにでも結婚したい」と思えることです。それに、相手に結婚願望があるのをお互いが知っていることです。お見合いを「成功への近道」という理由の一つはそれなのです。つまりは話が早く、運命と思う人が見つかれば成婚まではとんとん拍子なのです。

出会いからの流れ

男女

お見合いはまず、自分を世話してくれる仲人を見つけるところから始まります。インターネットやタウン情報誌などで仲人を探したら、面談のアポを入れます。お互いに信頼関係が築けそうならば、面談時に記入するプロフィールを預かってくれます。プロフィールは大切な個人情報、それを預かるということは、「責任を持って面倒みます」ということです。現代式お見合いでは、枠を狭め過ぎないように、会ってみてからのお断りもいっこうに構わないシステムです。プロフィールを見て、お互いに会ってみたいとなればお見合いで、終わったら必ず仲人に報告の電話を入れます。今後も会ってみたいのか、相手にではなく仲人にそれを伝えるのがお見合いです。

向いている人

女性

お見合いは、女性慣れしていない男性の味方でもあります。その理由は、仲人が初対面から交際期間、プロポーズに至るまで、あれやこれやとアドバイスをするからです。女性と喋るのが苦手だったり、一度も恋愛経験がない男性でも、仲人の言うことを素直に聞いて、短期間で成婚に至る例も山ほどあります。お見合いには、こうした手取り足取りサポートしたり、適度に干渉して欲しいなど、初めて尽くしの男性にこそ向いている傾向です。

縁も大事になる

相談

初めてのお見合いの場、暫く会話をしてみて、「この人とは合わない」と感じても、最低二時間は一緒にいるようにします。せっかく縁あって出会った人ですから、コミュニケーションの練習の場だと思い、できるだけニコニコしましょう。お見合いだから、必ずいい人に会えるとは限りませんが、出会いは必ずあります。また、仲人にはどちらからも相談が来るので、両者の希望をうまくかみ合わせるようにアドバイスしてくれます。

広告募集中